top
ホーム 診察のご案内(PDFgif)・CTによるレントゲン検査プロフィールリンク

CTによるレントゲン検査

立体的(三次元)な画像診断 従来のデジタルパノラマレントゲンに3D撮影機能をプラス 多彩な臨床に対応する3D画像
歯科用CTをご存知ですか? 歯科用CT撮影例  

立体的(三次元)な画像診断

インプラント治療においてCT検査は各関係学会が、術前検査の重要性、術中の安全性、術後の定期メンテナンスには欠かせないものであると提言しています。
しかし、CTの導入は、非常に高価な設備のため、全国的にも進んでいないのが現状です。

当クリニックでは、レントゲン撮影だけでわからなかった骨の中の神経・血管等の各部位が、立体的(三次元)に画像診断ができます。
インプラント治療の術前検査だけでなく、インプラント治療の術中、その場ですぐに神経との距離や骨幅が確認できるため、インプラント治療の精度と安全性が飛躍的にあがっています。
デジタルエックス線画像システム
又、歯科用CTは、インプラント治療だけでなく、親知らず抜歯時の歯の根の方向や、三次元的形態、治りにくい歯の根の治療時の、根の先のうみの状態の診断や治療にも大変有効です。

CTの大きさ・枚数によって異なりますが、約5,000円〜15,000円の範囲内です。

従来のデジタルパノラマレントゲンに3D撮影機能をプラス

従来のデジタルパノラマレントゲンに3D撮影機能をプラス

追求したのは・・・
当院では、高精細デジタルX線画像撮影技術の導入により、「トロフィーパンプラス」が、歯科診断において、正確な3D画像をご提供致します。

"ALARAの法則"をコンセプトに開発された「トロフィーパンプラス」は、低照射線量で高画質を実現したコストパフォーマンスに優れた次世代の2D/3DX線撮影装置です。

パノラマ撮影(2D)にて、全顎の診査診断を行ない、3D撮影で、主訴の細部診断が簡単に行えます。鮮明な3D画像は、歯内療法、インプラントのみならず外科等の歯科診療に新たな診断技術をもたらします。

従来のデジタルパノラマレントゲンに3D撮影機能をプラス

多彩な臨床に対応する3D画像

インプラント手術時のシュミレーションとして、術前・術中・術後に確認することがあります。
多彩な臨床に対応する3D画像 多彩な臨床に対応する3D画像
インプラント処置前の状況確認
(フィクスチャーシュミレーション)
インプラント埋入後の経過確認
(フィクスチャー周囲の骨状態)

歯内療法として、治りにくい根の治療にも活用されます。
多彩な臨床に対応する3D画像 多彩な臨床に対応する3D画像
充填物の状況確認 根尖病巣の大きさと形状把握

親知らずの抜歯にも根の先の形や、曲がり具合や、大きな神経や血管との位置関係を確認するにも有効です。
多彩な臨床に対応する3D画像

埋伏智歯と下顎管との位置関係確認

歯科用CTをご存知ですか?

歯科用CT

歯科用CT撮影例

下の親知らずの根の先が曲がっていて、下あごの中にある神経と近接しているのがわかる症例
多彩な臨床に対応する3D画像 多彩な臨床に対応する3D画像

前歯の歯の根が破損している状態です。通常のレントゲンでは、解らない部分がCTによって把握できる症例
多彩な臨床に対応する3D画像

上の前歯の裏側に余分な歯と、そのまわりに「うみの袋」が存在する症例です。
CTによって、抜歯とうみの袋を取り出す治療が最小限度で終わる事ができる歯科用CT像です。
多彩な臨床に対応する3D画像

歯槽膿漏の状態で、歯の裏側のような部位によっては、骨が吸収されてなくなっていても、通常のレントゲンではわからず、その状態が進み、抜歯になるケースがあります。
多彩な臨床に対応する3D画像 多彩な臨床に対応する3D画像

歯の根の先にできたうみの治療中、通常のレントゲンでは前足からのうみか、後ろ足からのうみか判断できても、さらにその内側か外側かは判断できません。しかし、歯科用CTであれば、それがわかってきます。
多彩な臨床に対応する3D画像

インプラント治療において、まっすぐ、うまくインプラントが埋入できたように見えても、内側の骨との関係を十分、術中の歯科用CTでチェックすれば、より精度は高くできます。
多彩な臨床に対応する3D画像

又、インプラントの長さを決定する上においても、歯科用CTにて術前シュミレーションは可能です。

多彩な臨床に対応する3D画像
▲このページの先頭へ戻る